喪中の年にしてはならないこと、反対にするべきことを教えてください。

慶次への参加・神社への参拝・正月事を避けるのが一般的とされています
神社への参拝は控え、故人様の冥福を祈るようにしましょう。また、年末年始は神棚を封じ、12月の始めまでには年賀欠礼の挨拶状(喪中葉書)でお伝えするとよいでしょう。
よくあるご質問一覧へ戻る