葬祭ディレクター

葬儀のプロフェッショナルとして、ご家族やご遺族のサポートをさせていただくスタッフが、どのような想いで日々仕事に取り組んでいるかをご紹介いたします。

厚生労働省認定1級葬祭ディレクター 國母 則之厚生労働省認定1級葬祭ディレクター 國母 則之1.この仕事を始めた理由
正直、特別な思い入れがあってこの職に就いた訳ではございませんが、今改めて思いますと葬儀の仕事とはとても奥深く「究極のサービス業」だと思っております。

2.今の仕事をしていて一番嬉しかったこと
ご家族のご葬儀となりますと、どなたでも辛くその悲しみは計りしれません。御心労も尚更のことと思いますが、ご葬儀後に「いいお葬式だった」との評価をいただけたときには大変うれしく励みになっております。

3.お客様と接していて常に心がけていること
どのようなかたちのご葬儀でも、ご家族に寄り添い心からのお別れの場を提供できるようサポートさせていただきたいと思っております。

葬祭ディレクター 塚田 雄一葬祭ディレクター 塚田 雄一1.この仕事を始めた理由
人と接する仕事がしたくてこの仕事を選びました。

2.今の仕事をしていて一番嬉しかったこと
お客様から感謝のお言葉をいただいたときには、大変うれしく思います。

3.お客様と接していて常に心がけていること
お客様の立場になって考え、心配なことや不安な点を取り除いてあげられるような仕事を心掛けております。

葬祭ディレクター 塚本 けい子葬祭ディレクター 塚本 けい子1.この仕事を始めた理由
今から20年前に主人の父を亡くし葬儀を挙げたことがきっかけで、興味を持ちはじめました。自分でもできるか不安がありましたが、やってみたいという気持ちで始めました。

2.今の仕事をしていて一番嬉しかったこと
事務処理から覚えて現場に出るようになり、徐々に葬儀の流れを理解し担当を持たせてもらうようになりました。今ではお客様から指名をいただいたときや「あなたがいてよかった」というお言葉をいただけることは大変うれしく私の励みとなっています。

3.お客様と接していて常に心がけていること
人にはそれぞれ個性があるように、ご葬儀にも同じものはないと考えています。ご家族がどんな葬儀にしたいかを確認し、心温まるものになるようお手伝いをさせていただきます。

葬祭ディレクター 池水 洋子葬祭ディレクター 池水 洋子1.この仕事を始めた理由
葬儀のことはまったく知識がなかった私ですが、人と接して人のお役に立てる仕事がしたいと思い始めました。

2.今の仕事をしていて一番嬉しかったこと
数年前に担当させていただき、今はもう1年に1・2回程しかお会いしないお客様から「身体が大事なんだから、ちゃんとご飯食べて頑張ってね」とお気遣いのお言葉をいただいたときには、胸が熱くなりました。

3.お客様と接していて常に心がけていること
お客様の目線で、女性ならではの「気配り・目配り・心配り」を常に意識して接するよう心掛けております。